江戸川区の不動産収益物件情報。不動産直接買い取りの際、仲介手数料不要。新築戸建・中古マンション売地なら地元に強い松岡宅建へ

過去のご相談事例

過去のご相談事例についての相談事例です。

Q:自己資金がありません。
賃貸住宅を建設するにはやはりローンを組むのが一般的です。
ローンの借り入れ可能金額は土地の担保価値や賃貸オーナーの信用力によって変わってきます。
自分がどのくらいのローンを借りられるのか、事前に確認することが大切です。
Q:賃貸経営で節税できるの?
賃貸住宅の経営では、税制上のメリットが大きいと言われています。
「賃貸住宅」を建てることによって不動産取得税、固定資産税、都市計画税が控除や減額されたりするのです。
また借入金を用いて建設すると、所得税、住民税、事業税のほかに相続税も軽減されるようになります。

所得についてですが、賃貸経営における所得の場合、「租税公課」、「減価償却費」、「借入金の利子」、「損害保険料」が必要経費として認められます。
また、不動産会社に支払う仲介手数料、管理手数料、広告宣伝費なども必要経費に含まれます。
また、賃貸経営が赤字になった場合、この赤字分は給与所得から控除されるため、住民税が軽減されます。
Q:土地活用にはどのような方法がありますか?
「自己建設方式」
賃貸オーナー自身が資金調達から賃貸住宅の建設・管理までを行う

「事業受託方式」
不動産会社のノウハウを活かして賃貸住宅を建設する

「等価交換方式」
所有者は土地を、不動産会社は建設費を出して建物を区分所有する

などの方法があります
Q:変形敷地や狭小敷地でも賃貸住宅は建てられますか?
松岡宅建にお任せください。城東地区は狭小地の多いエリアです。
変形敷地や狭小敷地などのデメリットを逆に利用した賃貸住宅をご提案します。
このような土地は安く仕入れられるケースが多く、仕入れが安ければ利回りも有利になります。
地元に強い松岡宅建にご相談ください。